ゴムアスファルト系の吹付け工法|失敗しない外壁塗装.com

メールフォーム

外壁塗装コラム

※当コラムは個人的な見解に基づくものです。内容はお客様自身の責任においてご判断くださいますようお願いします。

ゴムアスファルト系の吹付け工法

ゴムアスファルト系吹付け工法とは、主剤はアスファルト乳剤と合成ゴムを主原料とし、これに、安定剤・
充てん剤などを添加したエマルジョンタイプの防水材で、これに塩化カルシウムなどの水溶液である分解剤を、
専用機械を用いて吹付けて防水層をつくる工法です。吹き付け機会は、主剤と分解剤を同時に吸い込み、
吹付けガンの2本の吹き出し口からそれぞれ別々に吹き出た瞬間に混合され、直接下地面に付着して造膜して、
防水層を作ります。この工法の適用範囲は、地下外壁となります。


このページの先頭へ
お問い合わせ