外壁塗装を東京、埼玉、千葉、神奈川で。点検・相談無料 | 失敗しない外壁塗装.com

メールフォーム

熱交換塗料タフコート

遮熱でも断熱でもない「熱交換」という性能

これまでの遮熱・断熱塗装とは違う「熱交換塗料」として誕生したのがタフコート。熱交換とは、タフコートに含まれた「熱交換素材」によって、熱エネルギーを運動エネルギーに変換して、熱エネルギーそのものを消し去ってしまうという画期的な塗料です。
熱を反射するわけではないので塗膜面が汚れても問題なく、更にこの熱交換機能は5℃~25℃の間は行われない為、むしろ熱を取り込みたい冬場にはその機能が停止し、熱を取り込むようになります。
また、アスファルトにも塗布が出来る為、一般家屋から大型店舗、駐車場などにも施工が可能です。

メーカーリンク

このページの先頭へ

タフコートの特徴

塗膜面の汚れの影響を受けない

遮熱塗料は、太陽光を反射することで熱を遮ります。
その為、塗膜の表面が汚れてしまって太陽光の反射率が低下すると効果が低下します。
遮熱塗装の場合、安定した性能を発揮させる為のメンテナンスがなども必要になってきます。

その点、熱交換塗料の場合は、「熱エネルギー」そのものに働きかけますので、塗膜面がたとえ汚れてしまったとしても、熱交換運動自体はなんら変わらずに行われ、熱を消し去り続けます。
熱を「消し去る」ので、ヒートアイランド現象の軽減にも効果があります。

タフコート

熱が欲しい夜間や冬場には熱交換機能が働かない

遮熱塗料は、夏でも冬でも太陽光を反射し続けますので、熱が欲しい冬場には逆効果になる場合もあります。
熱交換塗料タフコートの塗料の中に含まれてる熱交換分子には「5℃~25℃の温度間、熱交換運動が働かない」という特性があります。
ですので、太陽光による熱を取り込みたい冬の時期にも熱を消し去ってしまう、というようなことは起こりません。
夏場も冬場もそれぞれ効果が期待できるのが、タフコートの強みのひとつです。

熱交換塗料タフコート 夜
熱交換塗料タフコート 朝

色を選ぶ楽しみがある

遮熱塗料の場合、太陽光を反射させることで効果を得るので、その色によって効果が左右されます。
その為、安定した効果を発揮させる為には、どうしても色が限定され、色の選択肢が少ないという欠点がございました。
熱交換塗料タフコートは、熱そのものに対して働きかけるので、普通なら熱を蓄えやすい黒や紺などの濃いめの色にしたとしても、効果は変わりません。
その為、選ぶことの出来る色のバリエーションが遮熱断熱塗装に比べて豊富です。

路面にも施工可能

一般家屋の屋根や外壁はもちろん、タフコートは、駐車場等の路面にも塗布できます。
熱交換目的の他、橋梁の凍結防止などにもタフコートは利用されています。

熱交換塗料タフコート

<< 目的別塗料選びへ戻る

このページの先頭へ
 
このページの先頭へ
お問い合わせ